赤ちゃんのあせもがひどい・・病院は何科を受診するべき?皮膚科?

こんにちは!

現役保育士&
育児アドバイザーのrinoです。

今回は、
赤ちゃんが1度は悩まされ、
汗疹(あせも)について

スポンサーリンク

私の赤ちゃんもそうですが、
前日までツルツルだった
赤ちゃんの肌が1日にして
ボツボツになることは
よくあります。

初めての赤ちゃんだと、
このブツブツは何!?
と、とても心配になりますよね。

赤ちゃんの肌にできる
ブツブツのなかでも
今回は汗疹(あせも)について、

症状、治療法、病院は何科を
受診すればいいのかについて
紹介していきます。

汗疹(あせも)の症状は?

20150906_221255

・主な症状
発疹、かゆみ

・特徴
汗の出口が汗やあかで詰まって、
汗が皮膚のなかにたまって
炎症を起こしている状態

赤ちゃんは大人と比べて
非常に汗をかきやすいのです。

なぜなら、
新陳代謝が激しいうえに、

赤ちゃんのときから
大人と同じ数の汗腺(かんせん)という
汗を作る組織が、

赤ちゃんの小さな
体に密集しているからです。

あせもは、
ポツポツとした細かい湿疹で、
初めは白っぽくかゆみはないのですが、

悪化すると、
炎症を起こして赤くなり、
チクチクしたりかゆみが
出るようになります。

あせもの部分が服でこすれたり、
汗をかくことによって
さらにかゆみが強くなることもあります。

汗疹(あせも)ができやすい場所

20150919092329 (1)
あせもができやすい場所としては、
頭や額、首や脇の下、背中、
おむつが当たる場所、関節など
汗がたまりやすい場所
細かいポツポツとした湿疹ができます。

汗疹(あせも)の治療法

家での汗疹(あせも)のケア方法は
どのようにすればいいのでしょうか?

まず、
汗をかいたらこまめにふき取り、
シャワーを浴びさせて、
皮膚を清潔に保ちます。

汗をかいたら、
こまめに着替えさせましょう。

特に、
手や足、首の皮膚がくびれた部分に
汗がたまりやすいので、

お風呂やシャワーでは、
くびれ部分にしっかり指を入れて、
丁寧に洗ってあげましょう。

服に関しては、
季節を問わずに汗をしっかり吸収する
素材を選ぶようにしてあげてください。

そして、
なるべく薄着をさせること

ここ最近の特徴としては、
冬の汗疹(あせも)の増加です。

暖房が効きすぎることによって、
部屋が夏より熱くなっている
ことがあります。

部屋の暖めすぎには注意しましょう。
【冬】暑がりな赤ちゃんの対処法!靴下は必要?

赤ちゃんがあせもを
かきむしらないように、
赤ちゃんの爪を
短くしてあげるのも
ポイントです。

これだけで、軽いあせもなら
改善していくはずです☆

汗疹(あせも)は予防が1番

あせもは1度治っても、
再発しやすいのが特徴です。

私の子も、
あせもが消えては、再発する
という繰り返しです・・笑

あせもを繰り返さないためにも
日ごろからのケアを徹底させましょう。

赤ちゃんは大人より体温が高く、
汗を非常にかきやすいので、

遊んだあと、お昼寝のあとには
汗をかいてないか確認しましょう。

抱っこしてみると、
すぐ汗ばんでるかどうかわかりますよ。

見落としがちな点としては、
ベビーカーやチャイルドシート
に座っているときに、
背中に汗をかきやすいので、
注意して観察してあげてください。

私たち大人でも、
長時間椅子に座ってると、
汗ばんできますよね・・。笑

病院へ行くタイミング

病院

赤ちゃんがあせもになったときに、
1番頭を悩ませるのは、
病院へ行くべきか行かないべきか・・

基本的には、
今回私が紹介した方法で、
軽度のあせもなら改善されるはずです。

しかし、改善がみられず、
症状が悪化してしまった場合、

例えば、
あせもの数が増えてしまったり、
あせもが広範囲に広がってしまった場合や、

赤ちゃんがかゆがって
かきむしるようになってしまったら、
病院を受診しましょう。

病院は何科を受診するべき?

はてな

いざ病院を受診しよう!
となったときに悩むのが、
何科を受診すればいいのか
というところだと思います。

小児科か皮膚科・・
これはなかなか難しい問題です。

皮膚の専門は皮膚科、
赤ちゃんの専門は小児科

もし、間違いなくあせもなら
皮膚科でいいのですが、
あせもでない赤ちゃん特有の
違う病気の可能性もあります。

そういったことも考慮すると、
まずは赤ちゃんの病気全般に詳しい
小児科を受診するのが最適
でしょう。

小児科を受診してあせもと診断され、
その小児科に通ったにもかかわらず、
あせもが改善されなかった場合に、
皮膚科を受診するのがいいでしょう。

小児科の先生は
赤ちゃんの病気の専門家です。

赤ちゃんにたいする治療経験も豊富で、
赤ちゃんにとって
1番影響が少ない

薬を処方してくれる
でしょう。

1番ダメなのは、
病院を受診しなければならないほど
赤ちゃんのあせもが悪化している
にもかかわらず、

何科を受診すればいいのか迷ってしまい、
病院を受診するのを
見送ってしまうことです。

もし、心配だったら、
お近くの小児科に電話して
相談してみるのもいいですよ☆

スポンサーリンク

まとめ

ほとんどの赤ちゃんが経験するあせも。
もし、自分の赤ちゃんがあせもに
なってしまっても焦る必要はありません。

今回紹介したケア方法を試して、
症状が改善されないなら、
お近くの小児科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんは新陳代謝が激しいため
あせもになりやすいですが、
逆に私たちと違って、
治りやすいという特徴もあります☆笑

赤ちゃんにひどい乳児湿疹ができちゃった!クリームは使うべき?

スポンサーリンク



ママにおすすめの記事ランキング


第1位
産後の抜け毛がヤバい!正しいシャンプーの頻度や洗い方は?


第2位
産後の抜け毛の原因と理由は栄養不足やホルモンバランスの影響!?


第3位
産後の抜け毛対策におすすめの食べ物は?豆乳・亜鉛・鉄?


第4位
赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の副作用は?卵アレルギーは危険?


第5位
【ごっそり】産後の抜け毛で円形脱毛症になる原因や対策は?


第6位
【産後の抜け毛が多い】病院を受診して治療するなら何科?


第7位
出産後の抜け毛はいつからいつまで続く?ピークはいつ?


第8位
【新生児】赤ちゃんの夜泣き対策は抱っことミルクで完璧!?

第9位
【新生児】しゃっくりが多くて寝ない・・対処法はミルク?

第10位
お食い初めメニューの意味は?食べさせる順番、やり方を紹介!

第11位
【助けて!】授乳で乳首がチクチク痛い!原因とケア方法は?


第12位
【月齢別】1ヶ月~12ヶ月までの赤ちゃんのミルクの量の計算方法!


第13位
【出産祝い】友達、親戚、先輩、上司へのメッセージ例文まとめ

第14位
【必見】出産祝いを渡す時期は?出産前に渡すのは非常識!?

第15位
【新生児も】赤ちゃんの顔に赤いぶつぶつができた・・これって何?





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ