赤ちゃんにひどい乳児湿疹ができちゃった!クリームは使うべき?

こんにちは!

現役保育士&
子育てアドバイザーのrinoです.

今回は、
赤ちゃんに乳児湿疹ができたときに、
保湿クリームなどを
塗るべきか、

塗らないべきか
についてです。

スポンサーリンク

初めて出産された方の
赤ちゃんのお肌のイメージは、
ツルツル、テカテカの卵肌
ではないでしょうか?

しかし・・
現実は全然違います。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、
赤い湿疹などがとてもできやすいのです。

湿疹を経験したことがない
赤ちゃんのほうが少ないぐらいです。

赤ちゃんに乳児湿疹ができたときに
悩むのがクリームを使っていいのか?
っていうところですよね。

今回はそんなお悩みを解決します。

乳児湿疹にクリームを使ってもいい?

結論からズバッといいます。

乳児湿疹にクリームを
使うべきではありません

もちろん病院で乳児湿疹と診断され、
きちんと処方されたクリームは
使っても問題ありません。

私の子も実際、
病院で乳児湿疹と診断され、、
ヒルドイド軟膏を処方されました。
20150919_105210

20150919_105216

しかし、
病院で診断しずに素人判断で
家にあるクリームを使用するのは
おすすめできません。

もし、赤ちゃんの湿疹の原因が
乳児湿疹じゃなかった場合に、
症状が悪化してしまう可能性が
あるからです。

20150918_123851

病院で処方されるクリームは?

非ステロイド系の塗り薬

非ステロイド系の塗り薬だと、
「アンダーム軟膏」
「ヒルドイド軟膏」

などが処方されます。

これらは、
保湿効果や、かゆみを抑える
働きがあります。

メリットとしては、
効果が比較的弱いため、
副作用がほとんどないところです。

しかし、
湿疹の原因が乳児湿疹ではなく、
アトピー性皮膚炎だった場合、
症状を悪化させる
ことがあります。

なので、
湿疹ができちゃった~、
非ステロイド系塗ればいいか!
なんて思わないようにしましょう。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は
見た目での区別は非常に難しいですから。

20150917_203534

ステロイド系の塗り薬

ステロイド系は効果が高い薬のため、
軽い乳児湿疹で処方されることは
まずありません。

ステロイド系が使われる場合は、
アトピー性皮膚炎や乳児湿疹の
症状がかなり重い場合に限ります。

クリームの名前としては、
「リンデロン」「ロコイド」
が該当します。

また、非ステロイド系、ステロイド系の
クリームを試しても効果がない場合、
馬油やワセリンが処方される場合もあります。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんに湿疹ができてしまった場合、
家にあるクリームをやみくもに
使うことは避けましょう。

症状によっては、
湿疹が悪化する場合が
ありますからね。

乳児湿疹の基本的な対処法としては、
清潔に保ちながら、
お風呂で石鹸を泡立てて
しっかり洗ってあげることです。

それでも、
改善がみられなかった場合や、
赤ちゃんがかゆがって
機嫌が悪いときには
病院を受診するようにしましょう。

そこで、
クリームが処方されたら、
用法・用量を守って使用しましょう。

【赤ちゃんのひどい乳児湿疹】病院は何科を受診する?タイミングは?
【新生児も】赤ちゃんの顔に赤いぶつぶつができた・・ブツブツの種類とは?

スポンサーリンク



ママにおすすめの記事ランキング


第1位
産後の抜け毛がヤバい!正しいシャンプーの頻度や洗い方は?


第2位
産後の抜け毛の原因と理由は栄養不足やホルモンバランスの影響!?


第3位
産後の抜け毛対策におすすめの食べ物は?豆乳・亜鉛・鉄?


第4位
赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の副作用は?卵アレルギーは危険?


第5位
【ごっそり】産後の抜け毛で円形脱毛症になる原因や対策は?


第6位
【産後の抜け毛が多い】病院を受診して治療するなら何科?


第7位
出産後の抜け毛はいつからいつまで続く?ピークはいつ?


第8位
【新生児】赤ちゃんの夜泣き対策は抱っことミルクで完璧!?

第9位
【新生児】しゃっくりが多くて寝ない・・対処法はミルク?

第10位
お食い初めメニューの意味は?食べさせる順番、やり方を紹介!

第11位
【助けて!】授乳で乳首がチクチク痛い!原因とケア方法は?


第12位
【月齢別】1ヶ月~12ヶ月までの赤ちゃんのミルクの量の計算方法!


第13位
【出産祝い】友達、親戚、先輩、上司へのメッセージ例文まとめ

第14位
【必見】出産祝いを渡す時期は?出産前に渡すのは非常識!?

第15位
【新生児も】赤ちゃんの顔に赤いぶつぶつができた・・これって何?





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ